「未分類」カテゴリーアーカイブ

相場がどんなに乱高下をしても粛々と株式投資をするべき

強い上昇トレンドの相場が続いているときに株式投資を始めて資産を増やした人は多いです。ただどんなに儲けていても、上昇相場が終わって暴落が来ることに不安を感じることがありがちです。個人投資家が投資のプロが参加している市場で成果を出し続けるためには、絶対に退場しないように気をつけながら投資をすることが必要です。損失が最小限になるように正しいタイミングで損切りを即断することが大事です。損失を抑えるだけでなく利益を最大限に膨らませたいと思うのは当然です。どんな考え方をすれば損小利大の投資をできるのか考えておくべきです。本気で相場と向き合って絶好の機会を逃さないことが重要です。曖昧な方法ではなく具体的な対処方法を事前に準備していれば大きく乱高下する相場でも安心です。下落相場では不安になる人が増えるので狼狽売りをしがちです。ただ、下落相場では割安な銘柄が増えるので売ることばかりを考えるのではなく自分なりに売買の判断をするべきです。変動が大きな相場状況では思い切った投資行動が求められる場合が多いです。
メンタルが弱い投資の初心者にとって損切りは精神的に辛いので上手くできなくて悩むケースがあります。優良な銘柄を保有できても損切りの判断がよくないと大きなマイナスになってしまいます。そのため、ある程度のルールを作っておくことが最善です。損切りのルールのアイデアが思い浮かばない人は例えば投資金の5%の損失が発生したら確実に損切りをするルールにすることをおすすめします。事前に決めた損切りのやり方を厳守するだけで投資スキルが上がります。株式投資のレンジ相場は上下の動きを一定期間繰り返すので損切りのルール通りに投資すれば何度も利確できる可能性があります。少し下がっただけで心配になって無駄に損切りをする人に損切りの基準を作成してほしいです。これ以上日経平均が下降することは難しいと多くの人が思うライン近くに売り注文を出しておくことは賢い投資法です。大衆心理を想像して株式投資をすれば無理なく相場と向き合えるようになります。過熱感のある相場では暴落に備えている投資家だけが上手く投資できます。大きな上昇トレンドの銘柄でも急に下がることを意識しておくことが正しいリスク管理の考え方です。株価が上がりそうなニュースが出た銘柄でも必ず上昇するとは限らないので慎重に判断するべきです。相場がどんなに乱高下をしても慌てることなく粛々と株式投資をできれば資産を数倍にすることが可能です。